2015年09月

タイ旅行 2015年夏⑨

昼間のくだらないカオサンデビューを終えて、最後の夜を迎えました。

いよいよ最後の夜だ、あと3発いけるかなぁ。

今宵はナナプラザから一歩も出ないつもりで気合いを入れて部屋から出発。

最後の夜ですので、いつもの大好きな光景を目に焼き付ける。

rps20150922_184800_830


アソークはワタクシにとって一番バンコクを感じる交差点なのです。

気合いを入れ過ぎてナナプラザに7時半に着いてしまった。

まだ1時間もあるな、失敗した。

とりあえずナナプラザ内のバービアでビールでも飲むか。

rps20150922_184924


バービアで飲んでますと必ず女の子が寄ってきて、ゲームをやろうと言ってきます。

「サイコロやるか?」とか「四目並べやろう」と誘ってくる。

死ぬほどつまらんゲームなのに楽しそうに振る舞う事がしんどいんで断りました。

最初の猛攻を凌げばもう誰も近寄っては来ません。

俺に近寄るなオーラを目一杯出してます。

8時半にはまだ時間がありますが、レインボー各店を巡回してみます。



Rainbow1
rps20150922_184716_246

ここ最近下降気味のお店ですが、MAYとコリーはお気に入りです。
この店には個人的には一番思い入れがある。
ゴーゴーバーのデビューがここでした。
全てはここから始まった。



Rainbow2
rps20150922_184633_904

ここも売れっ子は早い時間はいません。
睨み顔101番に会えなくて残念だ。



Rainbow3
rps20150922_184548_558

初めてこの店に来た時は糞みたいな店だったのに、最近では客入りも上々のようだ。



Rainbow4
rps20150922_184425_935

意外とこの店が私的には一番ダメ。
ナナプラザで日本人に一番人気の店とかネットでよく紹介されてますが、アンテナ立つような女の子はほとんど出会った事がない。



一回りしている間に8時半になりました。

R3に入ります。勿論、99番死魚目が目当てです。

99番はまだ出勤していませんでした。

客はワタクシ一人。ウェイトレスに99番をPBしたい意思を伝え出勤を待つ。

数分で99番が現れた。見れば見るほどNOINAと同じ顔だ。

ウェイトレスは99番にあの客(ワタクシ)がPBするって言ってるよと知らせに行きました。

99番の為に座るスペースを確保し、99番が来るのを待ちます。

・・・なかなか来ないな。

まだウェイトレスと話している。

そして、全力で首を横にふっている。

首がムチウチになるくらいの勢いで首を横にふる99番。

全力で拒否されている( ̄▽ ̄;)

客はワタクシ一人、ステージ上の女の子は全員このやりとりを見ている。

完全にピエロである。

少しすると一人の日本人客が現れまして、死魚目はその客の所へ向かった。

なるほど!先客があったようだ。

ワタクシの前を通る時、ワタクシは死魚目に気にしなくていいよ的な合図を送った。

しかし、完全にシカトで通り過ぎた。

ステージの女の子達はクスクス笑ってやがる。

ステージ上から『Hey boy ふられたのか?私が相手しようか?』みたいな事を言って笑いの種にされている。

ウェイトレスが寄ってきて「1時間後に来い。」と言われましたが、9時にMAYちゃんと約束がある。

ここは一旦引いて作戦を練り直すしかない。

タイ旅行 2015年夏⑧

~四日目~

今朝はいつもより早い起床。

MP行きたいけど金がない、猫耳に持っていかれたからリッチな遠足は出来ない。

おやつは300円までという小学生の遠足ルールが発動された。

心の底から猫耳への怒りがこみ上げてくるが、行ったおまえが悪いのだと自分に言い聞かせ、ふて腐れてしばらくボーッとしている。

どこ行こうか、とりあえず風俗には行けない。

カオサンとやらに行ってみるか!

ワタクシはバックパッカーの聖地と呼ばれるカオサン通りを目指すことにした。

きっと世界中のバックパッカーや沈没組がいるんだろうなぁ。

僅かのお金だけ握りしめ、カオサン通りに出発。



どうやらここがカオサン通りへの曲がり角みたい。

rps20150922_171327_583


おぉ、これがカオサン通りかぁ。

rps20150922_171439_784


とりあえずブラブラしてみますが、特に何もない。

マクドナルドで休憩がてら人間ウォッチングをするも普通の西洋人の若者や家族連れがいるだけ。

なんや、この糞おもろない街は・・・。

屋台は衣類の店を除くと飲食類の屋台は3~4店舗。

がっかり名所ってこういう時に使う言葉でしょうか。

3時間くらい滞在して、旨い店に1つだけ出会いました。

『GECKO BAR』というお店でした。

rps20150922_171603_433


カオサン通りからChakrabongse Rdに出て、北に少し行くとRambuttri Rdの看板が左手に見えますので、その道に入って下さい。

まっすぐ進むと突き当たりますので道なりに左へ曲がると右手に見えてきます。

地図だとこんな感じ。

rps20150923_183622_049


※右下がカオサン通りね。

正直ワタクシはパッタイがそこまで好きではなかったんです。

甘ったるいものや酸っぱいのが苦手でして、しかしこちらのパッタイはめっちゃ旨かった。

ピーナッツが香ばしく、全体的にマイルド。

初めてパッタイをおかわりしてしまった。

rps20150922_171858_723


値段も高くないです。

rps20150922_171642_731


カオサン通りに来て収穫はこのパッタイのみ。

なんか違う。

一言でいうと何もない。

根本的にカオサンの楽しみ方が間違ってるような気もする。

夜になったら仮面舞踏会的な楽しい何かがあるのだろうか。

おそらく二度と来ることはないでしょう。

タイ旅行 2015年夏⑦

猫耳を見送りエレベーターに乗せようとした時、グイッと腕を引っ張られる。

???

「シャークに戻る。おまえも来い。」

「いや、無理。」

「ダメだ。まだドリンク飲んでない。遅れて来たおまえのせいだ。」

めっちゃ睨んでます。

こいつらとことんワタクシから搾取するつもりか。

渋々シャークに向かいました。

またも2Fに上がれと言ってます。

前に猫耳、後ろに妹。

がっちり逃げられないようにガードされている。

ぼったくりキャバクラと分かった上で連行される気分だ。

猫耳は焼肉屋から持ち帰ったイカを肴に宴会を始めた。

親しいダンサー仲間にも声を掛け群がってくる。

全然関係ないウェイトレスもテーブルの上からテキーラを飲んで行く。

・・・俺のテーブルだけマラソンの給水場になってしまったようだ。

puffer

※ネットより引用

昨日と今日でこの姉妹に今回の旅行費の残り全額を持っていかれた。

念のために持っていた10月の旅行費に手をつけてしまうという痛恨のミスを犯してしまった。

いくら使ったかは申しません。塚、聞かないで下さい。

武士の情けにございますm(_ _)m

なんとか猫耳宴会場から抜け出しますが、帰り際に
「明日は何時だ?」と言うてます。

聞こえないフリしてダッシュで逃亡。

いつも思うが、なぜワタクシの旅行記は他のブログの方々のようなほっこり疑似恋愛がないのか。

ぼったくりキャバクラなら日本にいくらでもある。

タイに行ってまでなぜにぼったくりに遭うのか。

全てはジョイナオミをリストに挙げたのが失敗でした。

ジョイナオミ・・・すんませんリストから外します。

リスク高過ぎです。



やはりナナプラザしかない。

俺はナナプラザから一歩も出てはならないと固く決意し、ナナプラザに向かう。

R1から覗くも閑散としている。

1番MAYちゃんはいたが、カスタマーと一緒だった。

MAYちゃんは「明日来て。明日の21時はどう?」と声を掛けてくれました。

MAYちゃんが天使に見える。猫耳なら「明日の20時に来い。」で終わりだ。

MAYちゃんと明日の約束をして店を出ます。

R2に入ってみるとさすがに土曜の夜、なかなかの客入り。

目についた女の子は36番RIO、53番カノン、18番真木よう子くらいか。

RIOは相変わらず私服姿でウロウロしている。今日の稼ぎも上々のようだ。

カノンは実際見るのは多分2回目。

可愛いけど鼻が矢印⬇みたいでなんか苦手です。

真木よう子を呼んでみました。

顔、スタイルともなかなかのもの。

私は日本人が好きだと言ってます。

理由は優しいのと早いかららしい。

日本人は3minutesと笑っている。

褒められてるのか、けなされてるのかよく分からんが、勝負してみるか。

今回は自信がある。今日は4人で5発をこなしている。

なかなか発射しないことは予想出来る。

「ぢゃあ、PBなっ!」

早々とPBし、ヤリ部屋へ。

⑨Rainbow-2・18番・JOY

rps20150913_174649_296-1

年令不詳。サービスまずまず。2年前まではパタヤのペパーミントで働いていたとの事。お金の面では今の店がいいけど、パタヤは友達が一杯いるから正直寂しいと言っていた。

予想通りなかなかイケず、「まだ?」とか「あなた長い、パワフル。」と言われた。

これはイケないと判断し、手コキで発射してもらった。

さすがにキツかった、HPがほぼ0に近い。

瀕死状態でR4に入るがプリケツがもう肉の塊にしか見えない。

オッパイなんか脂身にしか見えずボーッとしている。

俺もまだまだだな、上には上がいる。

フィリピンで1万2660人を買春した元校長先生が神に思えてきた。

この日はこのあとナナプラザのビアバーで廃人となり終了致しました。



タイ旅行 2015年夏⑥

昼間から二人の女の子に三発も打ち上げてしまい、金タマの貯蔵タンクが心配です。

昼寝でもして体力温存しようと横になるが、LINEメッセージで起こされる。

猫耳妹だ。

「お姉ちゃんが20時にシャークに来いと言っている。分かったか?」

おまえは猫耳のマネージャーか。

猫耳も妹を使って客のスケジュールを管理しやがって。

今日は友人と会うから20時は無理だと答えておいた。

細心の注意を払いバカラに入店、ナナプラザに行きたいがこの時間まだ開店していない。

rps20150913_174956_274-1


可愛い女の子はあまり見当たりませんねー。

女の子よりウェイトレスの方が可愛い気がする。

ワタクシは130番のウェイトレスが気に入っている。

「毎回PBしていいか」とか「先っちょだけ」とか「フ○ラだけしてくれ」とお願いしてるが、断られる。

この日もダラダラと飲んでますとポツーンと一人で座っている女の子がいた。

周りの女の子達と絡もうとしないでぼっちである。

こういう子逆に気になる。番号は193番。

この日一番の可愛い女の子であった。

20時半になったので、ナナプラザに向かう。

シャークの前を通らないように、クレイジーハウスの方から迂回してタクシーに乗った方がいいな。

オールドダッチの角を曲がった所で一人のホステスらしき女の子に話し掛けられましたが、何言ってるか分からない。

顔はまずまずだがスタイル抜群。

女の子は腕を組んできます。初対面なのに馴れ馴れしい奴だなぁ。

何やら電話しながら腕を組んで離しません。

もしや、立ちんぼのLBか!

「離せっ、このカマ野郎。」

と腕を離そうとした時、バチン!!と後ろから背中を叩かれた。

猫耳妹である。

( ̄□ ̄;)!!ハッ

カマ野郎、おまえ・・・猫耳の手の者か!

一瞬LBと間違ったホステスはシャークのホステスらしい。

さっき電話してたのはワタクシの事をチクりやがったに違いない。

今回も猫耳包囲網に引っ掛かり、俺の一人旅が終わった。

猫耳妹に連れられシャークに渋々向かう俺氏。

仕方なく空いているテーブルに座ろうとすると妹が
顔を横に振る。

「お姉ちゃんはメイク中だ。お姉ちゃんが怒ってるから2Fに上がれ。」

客に向かって2Fに上がれとは・・・

2Fに上がると猫耳はアイシャドウを塗っていた。

「20時と言っておいたハズだ。」

「・・・」

「友達はどうした?」

「帰ったっす。」

「おまえは嘘つきだな。」

「いえ・・・そんなつもりはないっす。」

もの凄~く機嫌が悪い様子。

「20時から待ってたからお腹がすいた。ご飯なっ。」

「・・・ぅぃ」

小さく返事するのがやっとだ。

きのうと同じく3人でタクシーに乗る。

「シーフードか?」

と明るく聞くも聞き流された。

まぁ今までもワタクシの希望が叶ったことはない。

期待しないでおこう。

タクシーを降り猫耳の後をついていく。

また日本人街みたいなとこだ。

猫耳達が店に入って行く。

ここかっ!

rps20150913_174755_860


ほらね・・・

また焼肉屋かってレベルじゃなくて、まるっきり昨日来た店じゃねーか。

もう何も言うまい。

猫耳はお腹が膨れてきたのか、機嫌がよくなってきたようだ。

「おまえのカスタマーはアジア人が多いのか?」

「NO.日本人だけだ。私は日本人専門だ。」

(へぇ、その割には日本語全く上達しねぇなぁ、おまえ。)

猫耳は骨付きカルビを注文したが、ハサミで肉を切るのが面倒なのか、全て付きっきりで店員にやってもらっている。

デザートのトマトも種が嫌いなのか外側しか食べない。

rps20150913_174844_999-1


帰り際、妹が300B寄越せと言ってきました。

何やら骨付きカルビを切ってくれた店員にチップだと言ってます。

妹は肉を切ってくれた店員に300Bを渡しました。

店員は妹に「コップンカー」とお礼。

妹は「お礼なら私じゃない。お姉ちゃんに言って。」と店員に言いました。

えっ!(・_・?)

俺は?金出した俺は?

店員は猫耳に「コップンカー」。

えーと・・・もう何からつっこめばいいのか。

全てがおかしい。

普段こいつらは良く言えば友達、悪く言えばオヤジ狩りをされるチンピラ。

しかし、二夜連続で飯だけ食われてなるものか。

きっちり仕事させないと。

ホテルに連れ帰るが、部屋の中でも好き勝手やるわ、シャワーに行くと浴室が泡だらけでめちゃくちゃにされてる。

⑦シャーク・77番・KIK(右)
⑧シャーク・88番・NI(左)

rps20150913_175130_957-1


プレイが終わってもさっきの焼肉屋から持ち帰ったイカを肴に宅飲み(俺の部屋)したり。

お願いしますm(_ _)m

もう帰って下さい(泣)

やっとのことで帰る支度をした頃でした。

「KIKちゃんウンチー!」

と叫びトイレに向かう猫耳。

めっちゃウンチしています・・・。

最悪や。

やっとトイレから出た猫耳を部屋から出して見送ります。

※すんません。予定以上に長くなりましたので、次回に続きます。



タイ旅行 2015年夏⑤

~三日目~

今日もお昼までぐっすり寝てお出掛けします。

歩くのダルいのと安くすませたいので、ターミナル21のフードコートに行く。

rps20150910_235919


大して旨くないけど毎回来てしまう。

アソーク交差点近辺で美味しい食堂かなんかあればいいのになぁ。

フードコートは安いのでメリットはありますけど。

rps20150911_000124_929


食い過ぎた・・・



さぁ、MP行きましょう!

アムステルダムから覗いてみました。

rps20150911_000007_993


雛壇の目の前に陣取り、コーラを飲みながらしばらく居座るもパッとしません。

女の子は6~7人くらいでした。

夜になるともっと増えるんでしょうが、夜はゴーゴーバーに行くのでMPなんか行けない。

続いてスティサン駅まで行きポセイドンに向かう。

rps20150911_000750


2Fから女の子のチェックをしてモデルクラスの3Fを見学。

スタイルはいいが、微妙です。これなら2Fの安い方でいいや。

2Fに戻り再チェック。

rps20150911_000427_770


この中から画面右下の赤い服の女の子を指名しました。

部屋に案内されソファでくつろいでいますと、テレビに雛壇の女の子がリアルタイムで映し出されています。

rps20150911_000651_228


モニターを見て、もし気に入った女の子がいれば呼べるらしい。

女の子はしきりに3Pをすすめてきたが、断った。

一緒にお風呂に入り、丁寧に洗ってくれます。

極楽ですねー。

⑤ポセイドン・231番・POO・2,200B

rps20150911_000517_186

年令不明。一通りのプレイやサービスはしてくれます。4~5,000B出す気にはならないけど、2,200Bなんでお買い得感はあった。

プレイを終え、ナタリーにも行きたくなりましたが、今行っても愚息が復活しそうにないので、隣のマクドナルドで休憩します。

1時間近く休憩してナタリーに向かいます。

ポセイドン→ナタリーは1駅ですが、歩くと結構しんどいです。

ナタリーに到着しましたが、歩き疲れたので店内で少し休憩。

ウェイトレスにアイスミルクを注文したんですが、出てきたのはホットミルク・・・。

「ホットミルクじゃない!アイスミルクだ、アイス!」と指摘する。

数分後、出てきたのはイチゴミルク・・・。

もういいや。

回りを見渡すもキラリと光る女の子は見当たりませんねー。

可愛い子はいっぱいいますが、極上レベルはいません。

30分くらい経過した頃、数人の女の子がプレイを終えたお客さんとエレベーターで降りてきた。

ん?

んん?

数人の女の子の中にダイアモンドの原石らしき光が。

女の子は雛壇向かって右側の控え室みたいな所に入って行きました。

絶対逃してなるものかと部屋の中まで追いかけました。

「OK?」と尋ねると「いいよ。」と笑ってます。

ヤバい!めっちゃストライクや。

女の子を連れてキャッシャーで支払いをします。

コンシアは「旦那ぁ、お目が高いですねー。この子は5,000Bでございます。」みたいなこと言ってます。

5,000Bでもかまわないと思わせる女の子です。

この女の子はとにかくよく笑います。

箸が転んでもおかしい年頃とは万国共通なんでしょうか。

ソファに座るとワタクシの上にまたがって甘えてます。

子供のようですが、年令大丈夫なんかなぁ。

小さくて親指がワタクシの小指より全然小さい。

(ロリっていうか、これ犯罪やろ・・・。)

既にビンビンでもう我慢できません。

⑥NATAREE・番号なし・KAI・5,000B

rps20150911_000925_682

たぶん18歳。番号はない。プレイは経験が少なくテクニックはない。受身の男性には不向き。体が小さくて幼い。悪いことしてる気持ちになりますw 5,000Bの価値は十分あります。

土下座するくらいの勢いで拝み倒して二回戦やっときました。

そう言えば日本で社畜生活に耐え、息抜きに夜の繁華街に繰り出し、呼び込みのおばちゃんについて行ったらそのおばちゃんが服を脱ぎだした事もあった。

デリヘル呼んだら寺門ジモン似のデブスが来た上にシャワー浴びてる隙にお金すられた事もあったなぁ。

死にたくなるような日本での生活を耐え、生きててよかった~。

ありがとう~タイランド~!!

  • ライブドアブログ